AGAメソセラピーやHARG療法とは?効果や違いを解説!

AGAの治療方法で真っ先に思いつくのが治療薬を使用した投薬治療だと思いますが、AGA治療の選択肢のひとつに「注入治療」があります。こちらの記事では注入治療の代表的な「AGAメソセラピー」と「HARG療法」について詳しく解説していきます。

有効成分を直接頭皮に注入する注入治療

有効成分を直接頭皮に注入する注入治療

注入治療とは、注射器などの医療器具を用いてAGA治療に有効な成分を直接頭皮に注入する治療方法です。「治療薬による効果が乏しい方」や「治療薬に加えてさらに効果を実感したい方」などが投薬治療と並行して選択されることが多いです。

注入治療は大きく「AGAメソセラピー」と「HARG療法」の2つに分類することができます。それぞれの特徴や違いについて解説していきます。

AGAメソセラピーとは

AGAメソセラピーとは

AGAメソセラピーとは、注射器などを使って髪の毛の成長を促す有効成分を直接頭皮に注入する治療方法です。

メソセラピーという言葉は、注入する行為自体を指す表現であり、注入する薬剤や効果はクリニックにより異なります。AGA内服薬や外用薬と併用することで、より短期的な効果実感を期待することができます。また、内服薬に比べて副作用が少ないという特徴があることから、内服治療が受けられない方におすすめの治療方法です。

AGAメソセラピーで用いられる成分

AGAメソセラピーで使用される薬剤はクリニックごとに異なりますが、どの薬剤も発毛効果や育毛効果を期待できる成分が含まれています。主に使用されている成分を表にまとめました。

成分名 効果
フィナステリド / デュタステリド 男性ホルモン(DHT)の産生をブロックし、ヘアサイクルを正常化させ薄毛の進行を抑制する。
ミノキシジル 毛細血管を拡張させ、毛乳頭に栄養分を多く届ける。毛乳頭細胞を刺激し、髪の成長因子を増殖させる。
ケラチノサイト成長因子(KGF) 内皮細胞や新しい毛髪を生成する。
インスリン様成長因子(IGF-1) 新しい血管の再生をサポートして、毛髪の細胞分裂を活性化させ発毛を促進する。
血管内皮細胞成長因子(VEGF) 新しい血管生成を促し、髪の毛を太くして成長を促進させる。
繊維芽細胞成長因子(bFGF) コラーゲンやエラスチンなどの合成を増加させ、髪の毛や皮膚細胞の成長を促進させる。
銅ペプチド AGAの原因となる男性ホルモンを抑制する。

AGAメソセラピーでは、上記の成分をブレンドした薬剤を直接頭皮に注入して治療効果を期待します。扱っている成分はクリニックごとに異なるので、気になる成分があればクリニックに確認してみてください。

AGAメソセラピーで期待できる効果

AGAメソセラピーは大きく2つの側面から治療効果を期待することができます。

薄毛の進行抑制

フィナステリドやデュタステリドといった成分を注入する場合は、薄毛の進行を抑制する効果が期待できます。基本的に内服薬の服用時と効果を及ぼす仕組みは同様ですが、直接頭皮に注入されることで内服薬とは別のアプローチで効果を期待することができます。

AGAとなる原因は、男性ホルモンの「テストステロン」と体内に存在する酵素の「5αリダクターゼ」が結合することによって変換される「DHT」と呼ばれる悪玉の男性ホルモンです。このDHTが男性ホルモン受容体に取り込まれることにより、ヘアサイクルが乱され、AGAが引き起こされます。メソセラピーによって注入されたフィナステリドやデュタステリドは、DHTと男性ホルモン受容体の結合を阻害する働きをします。これにより、乱れたヘアサイクルを正常に戻し、薄毛の進行を抑制します。

髪の毛の発毛促進

ミノキシジルや成長因子といった成分を注入する場合は、髪の毛の発毛促進効果が期待できます。ミノキシジルは体内で生成される成長因子を増殖させることで発毛を促す働きをします。成長因子はいくつか種類がありますが、どれも髪の毛の成長に重要な役割を果たします。

しかし、こうした発毛を促進させる働きかけだけでは髪の毛を新たに作ることができないため、亜鉛やタンパク質といった栄養素やミネラルなどを合わせて注入することで髪の毛の発毛をサポートします。

内服薬と併用することでより効果的

AGAメソセラピーは、内服治療と併用して行うことでより治療効果を期待することができます。内服治療は最も有効性のある治療方法であり、一度効果を実感すれば服用を継続する限り効果も持続します。しかし、効果が実感できるまでには長い時間を要します。対して、AGAメソセラピーは即効性はありますが、効果の持続に関しては弱い部分があります。両方を同時に行うことで、お互いの欠点を補うことができ、より効果的にAGA治療を進めていくことが可能です。

AGAメソセラピーの副作用

AGAメソセラピーは一般的に副作用の少ない治療方法とされています。特に成長因子や栄養素は体に害のない成分なので拒絶反応やアレルギー反応が起こりにくいです。起こりうる副作用としては頭皮の痛みや痒みなどの皮膚症状、術後の一時的な痛みや内出血などがあげられますが、多くが数時間から数日の間に治まります。

例外として、内服薬と同等の成分が含まれるフィナステリド、デュタステリド・ミノキシジルの場合、その薬剤と同様の副作用を発症する可能性があります。万が一、異変を感じた場合は医師に相談するようにしましょう。

HARG療法とは

HARG療法とは

HARG療法とは、AAPEパウダーと呼ばれる薬剤を溶解したものを直接頭皮に注入し、髪の毛の発毛・育毛を促す毛髪再生治療です。

HARG療法で用いられる薬剤

HARG療法では、AAPEパウダーと呼ばれる薬剤を使用して治療を行います。成人の脂肪幹細胞から抽出したタンパク質には成長因子が豊富に含まれており、そのタンパク質を冷凍乾燥させたパウダーがAAPEパウダーです。このパウダーは150種類以上の成長因子やサイトカイン(細胞間の伝達物質)が含まれています。頭皮に直接注入することで、毛母細胞や周囲の幹細胞が活性化し、頭皮や毛根の再生を促す働きをします。

HARG療法で期待できる効果

AAPEパウダーに豊富に含まれる成長因子が活性を失った毛母細胞に刺激を与え発毛を促進します。休止期だった毛母細胞は再び成長期へと移行しヘアサイクルを正常の状態に改善していきます。また、注入されたAAPEは頭皮にもともと存在する幹細胞も活性化させるため、さらなる発毛効果を期待することができます。

また、成長因子の他にビタミンやアミノ酸などの栄養素も含まれているため、発毛した髪の毛を太く長く育毛するサポートをします。

HARG療法の副作用

AAPEパウダーに含まれる成長因子や栄養素は一般的に副作用の危険性は低いとされています。起こりうる可能性のある副作用としては頭皮の痛みや痒みなどの皮膚症状、術後の一時的な痛みや内出血などがあげられますが、多くが数時間から数日の間に治まります。

AGAメソセラピーとHARG療法の違い

AGAメソセラピーとHARG療法は、どちらも有効成分を直接頭皮に注入するという点で共通していますが、注入する薬剤と注入方法に大きな違いがあります。

AGAメソセラピーで使用される薬剤は、内服治療でも用いられるフィナステリドやデュタステリドのほか、成長因子を含む成分や栄養素などをクリニックが独自にフレンドすることができます。対して、HARG療法はAAPEパウダーを採用しており、日本医療毛髪再生研究会が注入する成分を定めていることからHARG療法を行っているクリニックは全て同一のHARGカクテルを用いて治療を実施しています。

また、注入方法にも違いがありAGAメソセラピーには注射器・針付きローラー・炭酸ガス・レーザーなどいくつか選択肢がありますが、HARG療法は注射器のみで選択肢が他にありません。

注入治療を検討されている場合は、どちらが自分の症状に適しているのか医師と相談してみるのがよいでしょう。

AGAメソセラピーやHARG療法とは?効果や違いを解説!まとめ

注入治療のAGAメソセラピーとHARG療法について解説しました。どちらも有効な成分を直接頭皮に注入するという点では同じでしたが、注入する薬剤などに違いがありました。また、注入治療のみを行うということは少なく、多くの場合が内服治療と併用され、こうすることで最大限の効果を期待することができます。注入治療を検討している方は、医師に相談してみましょう。

目的別にクリニックを探す

  • 医療脱毛
  • AGA治療
  • ED治療