医療レーザー脱毛の仕組み・種類

医療脱毛では、医療レーザーを用いて毛の発毛組織に熱を与えて破壊することで、半永久的に毛が生えなくなります。この医療レーザーは脱毛機によって、「熱破壊式」と「蓄熱式」の2つの種類があります。それぞれアプローチする細胞に違いがありますが、どちらも永久脱毛効果があるものです。また、脱毛レーザーも1種類ではなく複数種類があります。こちらの記事では、それぞれの仕組みや効果を詳しく解説していきます。脱毛をする際は、自分に合った医療脱毛方法を選ぶようにしましょう。

医療レーザー脱毛の仕組みと脱毛方式の違い

医療脱毛は、黒色に反応するレーザーの特徴を利用して、毛の発毛組織を破壊するのが基本的なメカニズムです。

照射方法によって「熱破壊式」と「蓄熱式」の2種類があり、効果や特徴が大きく異なります。

医療レーザー脱毛の仕組みと脱毛方式の違い

熱破壊式について

熱破壊式とは、高出力のレーザーを使用する脱毛方法です。毛を作る元となる「毛乳頭」と「毛母細胞」を破壊します。毛が生えてくる組織自体がなくなることで、毛が生えてこなくなります。

熱破壊式の効果

熱破壊式は、毛の発毛組織を一瞬で破壊することから脱毛効果を実感しやすいです。早ければ照射後、遅くとも1〜2週間後には毛がポロポロと抜けていきます。短期間で永久脱毛を期待することができます。

熱破壊式の特徴

熱破壊式は、メラニン色素に強く反応することから、メンズの濃く太い毛や剛毛に高い効果を発揮します。特に、濃く太い毛が密集しているヒゲや脇といった部位は、脱毛効果を実感しやすいです。反対に、メラニン色素がない白髪が生えている毛穴にはレーザーを照射しても発毛組織を破壊することはできません。

また、熱破壊式は高出力のレーザーを1発ずつ照射するため痛みを感じやすいです。施術時の痛みは「輪ゴムでパチンと弾かれたくらいの痛み」と例えられています。現在クリニックで使われている熱破壊式の脱毛機は痛みへの工夫がされているものが多く、冷却機能や吸引機能が搭載されており痛みの軽減がされています。

熱破壊式の代表的な脱毛機として「ジェントルマックスプロ」「ジェントルレーズプロ」「ライトシェアデュエット」があります。

関連記事 【実体験】ジェントルマックスプロは痛いのか?特徴まとめ

蓄熱式について

蓄熱式とは、低出力のレーザーを使用する脱毛方法です。毛が生えるように栄養を送る組織である「バルジ領域」を破壊します。毛が生えるための栄養が届かなくなることで、毛が生えてこなくなります。

蓄熱式の効果

蓄熱式は、じんわりとバルジ領域に熱を加えて脱毛するので、脱毛効果に即効性はなく、施術後すぐに毛が抜けるわけではありません。毛が抜けるまでには、およそ1〜3週間かかる場合があり、効果を感じるまでに時間がかかります。時間差はあっても充分な脱毛効果はしっかりと見込めるので気長に待ちましょう。

蓄熱式の特徴

蓄熱式は、毛根よりも浅い層に存在するバルジ領域を低出力のレーザーでアプローチするため、肌への負担が少なく、施術時の痛みも感じにくいとされています。施術後の赤みや腫れ、火傷などのリスクも低くなります。蓄熱式は、痛みが不安なメンズに特におすすめです。

また、メラニン色素を含んでいない毛であっても一定量の熱を発生することができれば脱毛は可能なので、産毛や細い毛などでも脱毛効果が期待できます。

蓄熱式の代表的な脱毛機として「メディオスターネクストプロ」「ソプラノアイスプラチナム」「ソプラノチタニウム」があります。

関連記事 【実体験】メディオスターNeXT PROでメンズ脱毛!痛い?

医療レーザーの種類

医療レーザーの種類

医療レーザーの種類は主に3つに分かれます。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • ヤグレーザー

熱破壊式の脱毛機は、「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」。蓄熱式の脱毛機では、多くが「ダイオードレーザー」が搭載されています。

先ほど、熱破壊式と蓄熱式でそれぞれアプローチする細胞に違いがあることを説明しましたが、同じ熱破壊式でもレーザーの種類によって照射できる肌の種類や向いている毛質が異なります

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー
波長の長さ 755nm 800nm 1064nm
メラニンへの反応
痛み
美肌効果 あり なし なし
向いている肌質 普通肌 色黒肌 色黒肌
向いている毛質 剛毛〜普通 熱破壊式:剛毛〜普通
蓄熱式:産毛
産毛・硬毛化した毛

波長の長さによって、レーザーがどのくらい深く届くかが異なり、長ければ長いほど皮膚の深部にまで届きます。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、日本人の肌質や毛質にピッタリの波長を持つレーザーと言われており、多くの医療脱毛クリニックで採用されています。シミやそばかすの治療にも使用されるレーザーなので脱毛効果に加えて美肌効果にも期待することができます。

メラニン色素によく反応するため、メンズのヒゲやワキなどの太く濃い毛に脱毛効果を発揮します。一方、メラニン色素の少ない産毛には反応しにくく、産毛の多い部位にはあまり向いていません。

また、このメラニン色素によく反応するということから肌の色が黒い方や日焼けをしている方は、火傷のリスクが高まるので照射することができません。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、日焼け肌やアトピーの方でも施術ができ、メラニン色素の薄い産毛にも効果を発揮するので肌質や毛質を選びません

ダイオードレーザーには、熱破壊式と蓄熱式の2種類があります。

熱破壊式は、メラニン色素に反応して発毛組織を破壊して脱毛します。

蓄熱式は、バルジ領域にじっくりと熱を与え脱毛します。メラニン色素に左右されることがないのでメラニン色素を多く含むほくろを避けずに照射することができます。痛みを少なく脱毛したいメンズには蓄熱式が向いています。

ヤグレーザー

ヤグレーザーは、3つのレーザーの中で最も波長が長く肌の奥まで照射することが可能で、深いところにある毛根へアプローチすることができます。他のレーザーに比べてメラニン色素に反応しづらいという特徴があり、色黒肌や日焼け肌の方でも照射することができます。しかし、ヤグレーザーは高出力な分、強い痛みを感じることが多いです。

ヤグレーザーの照射範囲は狭いため、メインで使用されることはほとんどなく、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーがメインで、ヤグレーザーは色素沈着を起こした部位や他のレーザーによる脱毛で残ってしまった毛に対して、補助的に使うクリニックが多いです。

医療レーザー脱毛の仕組み・種類まとめ

医療レーザー脱毛の仕組み・種類まとめ

熱破壊式も蓄熱式も結果的に得られる脱毛効果は同じですが、脱毛方式や毛が抜けるまでの期間が異なります。

メンズは毛が太くて濃い方が多いので「施術時の痛みが不安」や「産毛もきれいに脱毛したい」など希望があればどんな脱毛機が導入されているのか確認してみてください。

クリニックによっては、複数の脱毛機を導入しているところもあります。これは患者様の肌質・肌色・毛質・部位に合わせて適切に対応するためで、より効果的な脱毛効果に期待することができます。

迷ったときは、複数の脱毛機を導入しているクリニックを選ぶのがおすすめです。

メンズ脱毛おすすめのクリニック2院

5種類の脱毛機を導入ゴリラクリニック

バナー

脱毛クリニックの中でも最多である5種類もの脱毛機を導入。患者様の肌質や毛質などに対して、最適な脱毛機を選択してくれのでより高い脱毛効果に期待ができます。

4種類の脱毛機を使い分けるメンズリゼ

男性医療脱毛

4種類の脱毛機導入しており、メンズ医療脱毛のノウハウを持った専門スタッフが最適な脱毛機を選んでくれる。確かな脱毛効果に期待ができます。

目的別にクリニックを探す

  • 医療脱毛
  • AGA治療
  • ED治療